2018年 04月 16日

ちょっと大人げな足元提案!アルコレッタパドローネのオペラシューズが届きました。


CHARGERの仕事で楽しみにの一つが、
お店が終わった後や始まる前に店内をぐるっと歩いて陳列やハンギングの状態などを確認すること。
アイテムの色や順番は、その日の天気や僕の気分(笑 で、パッと見たときの感覚が違うんです。
この並べ方、ちょっと今日の感じに合わないなぁって思った時は、
すかさず陳列を変更したりしております。

さらに言うなら、CHARGERは、1つのジャンルを集めたセレクトではなく、
大きく分けると、西海岸風のカジュアルと都会的なカジュアルの2種類があるので、
これまた、その月のトレンドに合わせて場所も移動したりしております。

毎日、洋服たちを見ていると、、
普通に、ハンガーにかかっている洋服や畳まれているボトムスも、、
生き物の様に、"体調管理"が必要なんですよね^^

洋服の健康状態をオールグリーンにするのもお店のスタッフの大事な管理。

いつもご来店頂いたお客様から「この柄って前にありましたっけ?!」なんて言われたら、
僕にとっては、最高の褒め言葉なんです。

その日の気分で、洋服の見え方もコーデも変わるし、変えられる。
ファッションって面白いです。はい。

こんばんは、村田です。

なんだか、前説が長くなってしまいましたが、、(汗

今日のピックアップは、僕の気分でご紹介。
普段、ハンバーガーを食べに行く様なラフなカジュアルコーデをしていながらも、、

カラッと晴れた暖かな日や、暖かい夜があると、
ちょっと都会感だして格好つけ、「仕事後に飲みに行こうかな?」みたい気分があるんです。

といっても、スーツやコットンパンツにシャツをイン!みたいなガチガチな格好ではなく、、
リラックスしたカットソーにさらりとトラウザースを合わせるような、、
飲み相手を緊張せない、適度に抜け感を取り込んだコーデに
ぴったりハマってくれる、いわゆる「ちょうど良い靴」が先日、届いたんです。
b0077322_19195614.jpg
アルコレッタパドローネのオペラシューズ。
このラフすぎず、硬すぎない軽い感じがちょうどいいんです。
と簡単にお伝えしながらも、使用しているレザーは本物志向。
経年変化も楽しめるタンニン鞣しを施し、
成牛になる前のキメの細かさな革が特徴のキップレザーを使用。

さらに、オイルを多量に含ませることで、レザーの硬さを取り除き、
独特のしっとりした手触りに仕上げております。

なんといってもアルコレッタパドローネの安心なところ国産レザーの国内生産。
日本人の足は、日本人がよく知っている。

巷では、スニーカーの様な履きやすさ、と評判を頂いているパドローネ。
その良さをもって、リラックスしながらちょっと格好が付けれるとなると、、
物欲スイッチを押された気分になってしまいます。(笑

今回、セレクトしたカラーは3色。
ブラック
b0077322_19352011.jpg
b0077322_19352090.jpg
b0077322_19352099.jpg
ブリティッシュな堅実さを感じるネイビー
b0077322_19353858.jpg
b0077322_19353814.jpg
b0077322_19353953.jpg
熟成したワインの様なボルドー。
b0077322_19361673.jpg
b0077322_19361692.jpg
b0077322_19361624.jpg
正直、どの色も合わせやす!
さらに、アウトソールもこだわっており、オールレザーソールを採用。
さらにヒール部は、気に入りすぎて履いても交換できる嬉しいラバーになっております!
b0077322_19393915.jpg
b0077322_19393985.jpg
b0077322_19393999.jpg
折角なので、、
もうちょっと、こだわりを書くならば!
シューズのアッパーの色に合わせてインナーレザーの色を変えているんですよね。
ブラック・ネイビーはブラックのインナーレザー。
b0077322_19405505.jpg
b0077322_19405516.jpg
ボルドーにはベージュのインナーレザー。
b0077322_19405610.jpg
それぞれ、アッパーレザーの表情に合わせ、インナーの色を組み替えるあたりも
日本のブランドらしい"おもてなし"を感じます。

そんなオペラシューズ。
実際に着用してみました。

ブラックならではの落ち着いた表情で、なんでも合わせが効きそうです。
「カチとした良さ」がお好みのかたはオススメですね〜。
b0077322_19524188.jpg
b0077322_19524225.jpg
b0077322_19524261.jpg
b0077322_19524277.jpg
続いて、ネイビー。
ブラックのカチッとした深みと、ブルーのカジュアル感が絶妙にミックスされ、、
適度なフォーマルとお伝えするべきか、、大人っぽいカジュアルといえば良いのか?(笑
結果、畏まりすぎないオシャレ感が欲しい方にオススメです!

b0077322_19522016.jpg
b0077322_19522035.jpg
b0077322_19522053.jpg
b0077322_19522095.jpg
そして、ボルドー。
こちらは、ブラウンのカジュアル感と、レッドの魅惑を絶妙に混ぜ合わせた感じ。
その味は、ワインの産地、おフランスの南西部にあるボルドー地方の名を取っているだけあり、
ワイン好きも喜びそうな、、魅力をコーデに取り込めます。
(あ、僕はお酒飲めません。)
b0077322_19573071.jpg
b0077322_19573025.jpg
b0077322_19573024.jpg
b0077322_19573114.jpg

サイズについてです。
僕の足は、実寸で全長約27.5cm、足の最大幅は11cm、足の甲は地面から約7cm
NB M1500 28.5cm,スタンスミス28.0cmを着用しています。

こちらのオペラシューズはサイズ42。
僕の足の特徴は、人よりも甲が高い。
なので、最初の足入れが結構きついかな?って感じでしたが、、
靴べらを使えばがスルッと入ります。

そして、横幅。こちらは、まぁジャスト。
もし購入したとしら、最初の1日目は夕方でスニーカーに履き替えるかもしれませんが、
3〜4回くらい履いていれば普通に履いていけそうです。


夏コーデのサンダル感覚でも使え、スニーカーの様な履き心地と言われてるオペラシューズ。
3色もと、この新品の色からさらに深みが増して、ツヤが出て、、
自分だけの表情に変化するとなると、育てるのも楽しくなりますね。
b0077322_20012472.jpg

いつもよりちょっと、都会的な自分を楽しめるオススメのレザーシューズです。
本日は、アルコレッタパドローネのオペラシューズのご紹介でした。

それでは!



CHARGERのWebShop

CHARGER
〒444-0879 愛知県岡崎市竜美中2丁目3-15 チェリータウン 1階

TEL:0564-71-0650

www.us-charger.com


・ BRAND LIST
REMI RELIEF/ROTTWEILER/SEVESKIG/KURO/WYATT/NO ID/SABLE CLUTCH/DeeTA/Deus ex Machina/TES/edit Clothing/PORT/ALOHA BEACH CLUB/COMESANDGOES/Mighty Shine/ANNAK/PADRONE/New Balance/adidas Originals/NIKE/CONVERSE/Reebok/BROOKS HERITAGE/SYMPATHY OF SOUL/idealismsound/amara/GARDEL/PUERTA DEL SOL and moer..



by crmy | 2018-04-16 20:11 | NEWS&COODINATE


<< One Tea spoon レ...      ROTTWEILER & H... >>